オーナーズブックは怪しいのか?徹底解析!

怪しい

ソーシャルレンディングの会社の中には実際に怪しい会社も紛れています。それはソーシャルレンディングのみならずどんなジャンルの会社でも当てはまります。

例えばソーシャルレンディングだけで見るとみんなのクレジットが最近金融庁の検査を受け業務停止処分を受けている事実がありますので注意は必要と言えます。

ではオーナーズブックとは怪しい会社なのか?様々な点からオーナーズブックの安全性を解析したいと思います。

そもそもオーナーズブックは怪しいのか?

そもそもオーナーズブックは怪しいのか?と言う疑問に対しての答えはNOです。オーナーズブックとはソーシャルレンディングの会社の中でもトップクラスの信頼と実績があります。では何を元にオーナーズブックが怪しくないと言っているのか?

今回知らべた項目は「資本金」、「利回り」となっています。まずはオーナーズブックの資本金から解析して行きます。

オーナーズブックの資本金は業界トップ

オーナーズブックが怪しくない理由の一つに資本金の金額にあります。資本金が大きければ大きい程会社の地盤がしっかりしている証拠ですので会社の信頼性を計る物差しになるのは確かです。

実際にオーナーズブックの資本金はソーシャルレンディング業界で最も多く5億円となっています。業界シェア率No1のmaneoですら3億円ですのでオーナーズブックの5億円がいかに大きな金額であるかが解ります。

ただし資本金だけでは判断が出来ないのも事実です。なぜなら金融庁で業務停止処分を受けたみんなのクレジットの資本金は2億円でしたのでこれだけではまだオーナーズブックの安全性を計ることはできません。

では次にオーナーズブックの利回りを見てみましょう。

オーナーズブックの利回りは安く設定されている

オーナーズブックが怪しくない最大の理由は利回りの低さにあります。実はソーシャルレンディングの利回りとは高ければ高い程リスクが高まります。実際にみんなのクレジットなどは14%超える利回りで投資家を集めていましたので高利回り案件には注意が必要なのです。

オーナーズブックの案件の多くは利回り5%程に設定されており、安全性重視の姿勢を貫いています。利回りが安いからと言って利用者が少ない訳ではありません。実際にオーナーズブックの案件はすぐに完売しますのでオーナーズブックを知っている投資家からすれば安全性を重視した案件はむしろ好まれています。

オーナーズブックの利回りとは低く設定している分借りて企業の負担が減りますので結果リスク削減につながっています。そんなオーナーズブックが怪しいのでしょうか?いえむしろ怪しくはありません。

オーナーズブックの投資先が怪しい

オーナーズブックが怪しいと言われる要因として投資先が不明なことが挙げられます。ただしこの投資先不明問題はオーナーズブックのみならず全てのソーシャルレンディング会社で当てはまることなのです。

実はソーシャルレンディングで投資先の企業名を公開してしまうと企業に直接お金を貸している状態となり貸金業法に違反してしまう可能性があるのです。その為ソーシャルレンディングの会社は企業名を公表せず運営を行っています。

むしろ企業名を公表しているソーシャルレンディングの会社があればそれはそれで大問題ですので間違っても投資をしないようにしましょう。

本来ソーシャルレンディングとは投資家がオーナーズブックなどの仲介業者と「匿名組合契約」を結ぶことで企業に投資が出来るシステムですので、投資先が不明であることが本来の状態なのです。

結論オーナーズブックは怪しくない

オーナーズブックとは会社の実績や信頼性がとても高いかなり優良な会社と言えます。様々な点を解析してもデメリットはありませんのでまず信頼しても良いでしょう。

ただし安全性を重視している分利回りは低くなっていますのでその点はしっかりと考えた方が良いでしょう。例えばクラウドクレジット等は多少リスクは高まりますがオーナーズブックの約2倍の利回りになっていますのでリスクと安全性を考えながら投資することをお勧めします。

特に安全性を重視されたい方はオーナーズブックで投資してみてはいかがでしょうか?投資案件も解りやすいものが多く初心者の方でも迷うことなく投資することができますよ。

クラウドクレジット
クラウドクレジット
クラウドクレジットのソーシャルレンディングでは、海外ファンドの案件を多く取扱い、非常に高利回りな案件が多数。国内事業主を対象とした他ソーシャルレンディングサービスとは違い、海外事業主へ投資する異色のサービスを展開しています。
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額10,000円~
手数料0円
利回り最大14%以上
担保実物資産担保あり
クラウドクレジット公式 クラウドクレジット詳細
maneo
maneo
ソーシャルレンディングでのシェア率No1のmaneo!とても信頼度の高い会社ですので初めてソーシャルレンディングをされる方にもお勧めとなっています。迷われたらまずはmaneoをお選び下さい。
口座開設無料
口座開設期間1~2営業日以内
投資額10,000円~
手数料0円
利回り5%~8%
担保担保あり
maneo公式 maneo詳細
クラウドバンク
クラウドバンク
クラウドバンクのソーシャルレンディングサービスは、投資初心者でも安心の10,000円からの投資が可能になったサービスとなり、毎月分配型のサービスを採用しているので、投資後、運用期間の配当が楽しみになるソーシャルレンディングサービスになります
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額10,000円~
手数料0円
利回り5.0%~7.5%
担保不動産や売掛債権
クラウドバンク公式 クラウドバンク詳細
トラストレンディング
トラストレンディング
トラストレンディングは法人融資・金融システム管理のプロフェッショナル、トラストファイナンスが運営するソーシャルレンディングサービス。抱える案件の多数が10%以上という非常に高利回りな条件で提供しています。
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額100,000円~
手数料0円
利回り4%~12%
分配方法毎月分配
みんなのクレジット公式 みんなのクレジット詳細
オーナーズブック
オーナーズブック
オーナーズブックというソーシャルレンディングサービスは、10,000円から投資が行えるサービスで、主なファンド対象は、不動産関連となります。少額で、不動産投資を始めたいと感じている投資家の方々には非常に人気で初心者の方の利用率も高いサービスです
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額10,000円
手数料0円
利回り5%~
分配方法四半期ごと
オーナーズブック公式 オーナーズブック詳細
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディング
SBIホールディングスが行うソーシャルレンディングサービス。証券会社として高い信頼のある会社なので、安全性は非常に高い!これまでに貸し倒れ率も0%と、信頼のおける案件が提供されており、ソーシャルレンディング初心者でも安心の10,000円から投資が可能
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額10,000円~
手数料0円
利回り2.0%~6.5%
分配方法毎月分配
SBIソーシャルレンディング公式 SBIソーシャルレンディング詳細
ラッキーバンク
ラッキーバンク
ラッキーバンクでのソーシャルファンディングなら1万円の投資から利用する事ができるので、その他のそおーしゃるファンディングのサービスと比較しても、投資家も安心して企業側への貸し付けが出来ると思います
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額10,000円~
手数料0円
利回り6%~10%
担保不動産担保あり
ラッキーバンク公式 ラッキーバンク詳細
スマートエクイティ
スマートエクイティ
スマートエクイティは、その他のソーシャルレンディングサービスにはない、映画がファンド対象になっています。好きな映画や、好きな俳優が出る映画。また、今後、注目されそうな映画の案件に等すれば、高い配当が期待できる
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額100,000円~
手数料0円
利回り5%~
担保不動産担保ローン
スマートエクイティ公式 スマートエクエイティ詳細

»ソーシャルレンディングとは(比較)に戻る