ソーシャルレンディングの3つのリスクについて

ソーシャルレンディングの3つのリスクについて。 ソーシャルレンディングは投資取引が故、当然一定のリスクが発生します。ソーシャルレンディングでお金を運用したいと考えている方は、 ソーシャルレンディングに伴うリスクをあらかじめ確認の上、 ソーシャルレンディングに挑戦して頂ければなと思います。 ソーシャルレンディングに伴うリスク。これについて今回は、大まかに3つに絞って紹介していきたいと思います。今回紹介するこの3つのリスクを容認できるのであれば、問題なくソーシャルレンディングに挑戦いただけます。逆に容認できないというのであれば、ソーシャルレンディングサービスを利用するのは控えておいた方が宜しいでしょう。

ソーシャルレンディングのリスク『投資元本毀損の可能性』

ソーシャルレンディングのリスク1つ目は『投資元本毀損の可能性』です。 ソーシャルレンディングのリスクとして1番はじめに注目して置くべきなのがこの項目です。 ソーシャルレンディングを介して資金を投資した結果、借り手側の事業が悪化するなどして、貸し金の返済が滞れば、投資元本が毀損する可能性が出てくるのです。とはいえ元本毀損という最悪の事例は、業界全体でも極めて稀なことであるようです。

ソーシャルレンディングのリスク『返済が滞る可能性』

ソーシャルレンディングのリスク2つ目は『返済が滞る可能性』です。 ソーシャルレンディングを介して投資したのち、借り手の返済が滞っても、貸し手側からは基本的にアプローチできないため、ソーシャルレンディングサービスに一任するかたちとなっています。

ソーシャルレンディングのリスク3つ目『情報開示が限定的』

ソーシャルレンディングのリスク3つ目は『情報開示が限定的』な点です。 ソーシャルレンディングを介して貸し手が、投資したい借り手を選ぶ際、ソーシャルレンディングが提供する情報以上の詳細は、明らかに出来ないシステムとなっています。つまりは株のように、事業主側のアクションを監視できないということです。

ソーシャルレンディングサービス会社別のリスク

ソーシャルレンディングの3つのリスクは以上です。更にソーシャルレンディングサービス会社別で、詳細なシステムが異なってきますので、 ソーシャルレンディングのリスクを一律にこれだと表現することはできません。利用するソーシャルレンディングサービスのシステムを入念に確認した上でソーシャルレンディングに挑戦しましょう。