クラウドクレジットを詳しく知りたい投資家の方へ

クラウドクレジット
クラウドクレジット
口座開設無料
口座開設期間3~5営業日以内
投資額5万円~
手数料0円
利回り最大14%以上
担保実物資産担保あり

クラウドクレジット公式

クラウドクレジットの特徴、評判について紹介します。
クラウドクレジットは世界の資金需給を繋ぎ、社会を豊かにするお金の流れをつくる、という考えのもと設立されました。世界お資金需給を繋ぐと明言している通り、国際的な事業へ向けたサービス展開を大きな特徴としています。
クラウドクレジットが何故国際的な事業へ向けたサービスだといわれているのか。これについてを次項で見ていきましょう。

クラウドクレジットは国際的なサービスを展開している

クラウドクレジットの国際的なサービス展開

ソーシャルレンディング国内サービスでは通常、国内の事業へ向けたサービスを展開しています。国内の企業が国内の投資家達から資金融資を受ける。これが今までのソーシャルレンディング国内サービスでした。しかしクラウドクレジットは違います。

クラウドクレジットでは、海外の事業へ向けた資金融資を可能にするため、海外の様々な有名企業にアプローチし、世界の資金需給を繋ぐことに成功したというわけです。クラウドクレジットは国内に拠点を置きつつも、国際的なソーシャルレンディングサービスを展開しているわけですね。

クラウドクレジットの印象から見る評判

クラウドクレジットの印象から見る評判

クラウドクレジットの印象から見る評判について。
クラウドクレジットが有する案件の全てが海外ファンドが携わる案件となっています。海外案件だからこそ可能になる、非常に高利回りな案件の数々がクラウドクレジットの大きな特徴です。

クラウドクレジットの有する案件は、他ソーシャルレンディングサービスが提供するものと比較的も、非常に高利回りとなっています。クラウドクレジットの抱える多くの案件が10%以上の利回りとなっており、中には14%オーバーの抜群な高利回り案件まで。高利回り案件はクラウドクレジットで。こう言っても過言ではないでしょう。

クラウドクレジットは多様な情報媒体で紹介されている

クラウドクレジットは業界のあらゆる情報媒体で紹介されており、以前から大きな注目を集めていたようです。それも賢威の高い経済新聞や、金融情報誌、インターネット情報サイトといったものに多数掲載されています。その具体例としては以下になります。

・日経新聞 ・朝日新聞 ・週刊東洋経済 ・週刊エコノミスト
・IT pro by 日経コンピュータ ・日経トレンディ ・日経マネー
・Kakaku.com ・Bloomberg ・the bridge ・日経ヴェリタス

クラウドクレジットが有する主要ファンド

クラウドクレジットが有する主要ファンドの特徴としては、海外事業を対象としていることもあり、その種類も様々。一般企業が打ち出すファンドもあれば、個人事業主が抱えるものまで。以下がその内約です。

中小企業支援ファンド
個人事業向けローンファンド
東欧金融事業者支援ファンド
自動車リースファンド
小口債務者支援ファンド etc…

クラウドクレジットの口座開設方法

クラウドクレジット口座開設

クラウドクレジットの口座開設方法について。
クラウドクレジットで口座開設は、公式サイトからマイページ登録と呼ばれ会員登録を済ませた後、郵送されたコードを入力することで可能となります。詳細な流れは以下の通り。

1.マイページ登録を完了させる
2.お客様コードの郵便通知が郵送される
3.本人確認書類を提示した上で郵便通知を受け取る
4.郵便通知記載のコードをマイページから入力
5.サービス利用開始


クラウドクレジットの口座開設の過程で注意しておきたいのが、お客様コード記載の郵便通知です。この郵便通知は本人限定の郵送物となりますので、受領の際は本人確認が取れる書類の提示が必要となります。あらかじめ用意した上で郵便通知の到着を待ちましょう。

クラウドクレジット公式